メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

島根大会 仲間と共に戦い抜く 矢上・木村主将選手宣誓 開会式に39校 /島根

【平田-邇摩】六回表平田2死三塁、吉川が左前適時打を放つ=松江市の市営野球場で、鈴木周撮影

平田6-1、開幕戦制す

 甲子園出場をかけた第101回全国高校野球選手権島根大会(県高野連など主催)が14日、松江市営野球場で開幕した。開会式では昨年の優勝校・益田東を先頭に全39校の選手が入場行進し、矢上の木村維心(いしん)主将が「支え合った仲間と全身全霊で戦い抜く」と選手宣誓。開幕試合は、昨秋の県大会で準優勝した平田が6-1で〓摩を降した。

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです