メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

大分大会 大分雄城台、延長制す 藤蔭、三重総合も3回戦へ /大分

【藤蔭-津久見】一回表藤蔭1死三塁、3点目につながる左前適時打を放つ朝倉康平選手

 第101回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は14日、大分市青葉町の別大興産スタジアムで2回戦3試合があった。昨年の優勝校の藤蔭は第2シードの津久見に8-0で八回コールド勝ち。大分雄城台は延長十一回の末、4-2で鶴崎工を降し、第3シードの三重総合は大分舞鶴に1-0で勝利した。15日は同スタジアムで2回戦3試合がある。【河慧琳】

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文764文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  4. 継続は力なり わかやま100年企業の挑戦 亀屋旅館 愛される旅館、いつまでも 完全復旧へ力注ぐ /和歌山

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです