メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

岩手大会 大船渡3回戦へ 盛岡大付もコールド /岩手

【大船渡-遠野緑峰】一回裏のマウンドに立つ大船渡・佐々木=岩手県花巻市松園町の花巻球場で

 第101回全国高校野球選手権岩手大会(県高野連など主催)は県営野球場などで、15日に2回戦9試合、16日に同8試合があった。16日は高校最速163キロ右腕、佐々木朗希投手(3年)を擁する大船渡が14-0で、遠野緑峰に五回コールド勝ち。佐々木投手は先発し2回を投げ2奪三振。最速は147キロだった。15日はセンバツに出場した盛岡大付が11-0で釜石を五回コールドで降した。17日は3回戦8試合が予定され、前回王者の花巻東などの試合がある。【山田豊】

この記事は有料記事です。

残り1819文字(全文2043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  3. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです