メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

新潟大会 加茂暁星、完封勝ち 16強出そろう きょう4回戦 /新潟

【六日町-新潟明訓】九回裏新潟明訓2死二、三塁、本田の適時打で三走の五十嵐が生還しサヨナラ勝ち(捕手・岩崎)=柏崎市の佐藤池野球場で

 第101回全国高校野球選手権新潟大会(県高野連など主催)は15日、柏崎市の佐藤池野球場など4球場で3回戦8試合があり、16強が出そろった。

 加茂暁星は先発・白勢が昨夏4強の新潟産大付に、糸魚川は先発・渡辺勝が13奪三振で新潟商に、それぞれ完封で勝利。高田は万代に、新潟明訓は六日町に、それぞれサヨナラ勝ちした。

 4回戦8試合は17日に新潟市中央区の鳥屋野野球場など4球場である。【露木陽介】

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1338文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 「衝突音で初めて対向車に気付いた」スマホ操作などせず 大津園児死傷事故

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです