メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

新潟大会 加茂暁星、完封勝ち 16強出そろう きょう4回戦 /新潟

【六日町-新潟明訓】九回裏新潟明訓2死二、三塁、本田の適時打で三走の五十嵐が生還しサヨナラ勝ち(捕手・岩崎)=柏崎市の佐藤池野球場で

 第101回全国高校野球選手権新潟大会(県高野連など主催)は15日、柏崎市の佐藤池野球場など4球場で3回戦8試合があり、16強が出そろった。

 加茂暁星は先発・白勢が昨夏4強の新潟産大付に、糸魚川は先発・渡辺勝が13奪三振で新潟商に、それぞれ完封で勝利。高田は万代に、新潟明訓は六日町に、それぞれサヨナラ勝ちした。

 4回戦8試合は17日に新潟市中央区の鳥屋野野球場など4球場である。【露木陽介】

この記事は有料記事です。

残り1142文字(全文1338文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬戸内海、少し濁ってちょうどいい? 魚呼び戻せ 兵庫県が排水規制撤廃へ

  2. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  3. 「絶滅」一転、イノシシ被害7300万円 山形、越冬できないはずが…

  4. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  5. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです