メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

石川大会 星稜、航空石川が大勝 シード6校、すべて初戦突破 /石川

 第101回全国高校野球選手権石川大会(県高野連など主催)は15、16日、2回戦8試合があり、登場したシード校6校はそろって初戦を突破した。

 2年連続の甲子園出場を目指す星稜は七尾東雲を六回コールドで降し完勝。今春の北信越地区県大会準優勝の日本航空石川は石川県工を1安打に抑え快勝した。遊学館は中盤に大量点を挙げ、昨夏の石川大会準優勝の金沢学院を振り切った。

 17日は2回戦2試合が行われる。【井手千夏】

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです