メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

奈良大会 智弁学園、コールド勝ち 法隆寺国際、添上も3回戦へ /奈良

【法隆寺国際-奈良】四回表法隆寺国際2死一、二塁、相手守備の乱れの間に二塁から神谷が生還し、5点目=小宅洋介撮影

 第101回全国高校野球選手権奈良大会(県高野連など主催)は16日、橿原市の佐藤薬品スタジアムで2回戦3試合があった。智弁学園、法隆寺国際、添上が3回戦へ駒を進めた。智弁学園は坂下の2打席連続本塁打などで13点を挙げ、一条にコールド勝ち。法隆寺国際も奈良をコールドで降した。【小宅洋介】

 ◆16日

 ▽2回戦

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです