メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

愛媛大会 川之江など2回戦へ 1回戦12試合始まる /愛媛

【川之江-今治北大三島】三回裏今治北大三島、越智千裕の犠飛で渡辺悠哉が生還し、1点を返す=愛媛県西条市ひうちの西条市ひうち球場で、遠藤龍撮影

 高校野球選手権愛媛大会は開幕から雨天順延が続いていた試合が始まり、15、16の両日、1回戦12試合が西条市ひうち球場などで行われた。

 川之江や宇和島東、野村など7チームがコールド勝ちで2回戦へ。新居浜高専は六回から6点差を覆す大逆転で東予を降した。

 内子は中盤で1点差まで新居浜東に追いつかれたが逃げ切った。吉田は手堅い攻めで終始リードを守り、勝利を手にした。【遠藤龍】

この記事は有料記事です。

残り1158文字(全文1344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政権の意思決定また不透明に 検察庁法巡り法相が約束した文書いまだ「作成中」

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです