メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

新潟大会 中越、日本文理8強 糸魚川は5年ぶり /新潟

【高田-五泉】一回裏五泉1死一、二塁、片野が適時打を放ち1点先制=新潟市中央区の鳥屋野野球場で

 第101回全国高校野球選手権新潟大会(県高野連など主催)は17日、新潟市中央区の鳥屋野野球場など4球場で4回戦8試合があり、8強が出そろった。

 昨夏優勝の中越は佐渡を、昨秋と今春の王者・日本文理は長岡商をそれぞれコールドで降した。糸魚川は新潟西を破り5年ぶりに8強に進出。新潟明訓も3年ぶりの8強入りとなった。

 準々決勝4試合は20日、新潟市中央区のハードオフエコスタジアムである。【露木陽介】

この記事は有料記事です。

残り1499文字(全文1697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです