メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

島根大会 出雲、延長戦制す 開星、松江工など3回戦へ /島根

【開星-大田】六回表開星無死三塁、沢田の犠飛で持田(右)が生還し追加点を挙げる=松江市上乃木10の松江市営野球場で、鈴木周撮影

 第101回全国高校野球選手権島根大会(県高野連など主催)は17日、松江市営野球場など2会場で2回戦6試合があり、出雲はタイブレークの末、松江北を降した。そのほか浜田、立正大淞南、出雲北陵がコールド勝ちし、開星と松江工も3回戦進出を決めた。【鈴木周】

 ▽2回戦

【松江市営野球場】

浜田

  3312101=11

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  3. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです