メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

愛媛大会 済美、力強い打撃で 新居浜西など2回戦へ /愛媛

【済美-宇和】四回表済美2死二、三塁、泉内の適時打で亀山が生還=松山市市坪西町の坊っちゃんスタジアムで、遠藤龍撮影

 高校野球選手権愛媛大会は第4日の17日、1回戦6試合があった。昨夏の愛媛大会優勝校で甲子園4強だった済美や新居浜西などが勝ち進んだ。

 八幡浜工、今治工、新居浜商、松山工がコールド勝ち。済美は、昨夏の甲子園を経験した山田が本塁打を放つなど力強い打撃で宇和を圧倒。新居浜西は昨夏4強の松山商に先制点を奪われたが、その後は得点を重ねて2回戦に駒を進めた。【遠藤龍】

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 感染者と一緒に行動の中国人団体、成田・関空便に搭乗自粛し帰国

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです