メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

愛媛大会 強打・小松、新田降す 今治西伯方も22点、2回戦へ /愛媛

【伊予-松山東】七回表伊予2死一塁、寿崎の適時二塁打で重見が生還し、勝ち越し=松山市市坪西町の坊っちゃんスタジアムで、遠藤龍撮影

 高校野球選手権愛媛大会は第5日の18日、1回戦5試合が松山市の坊っちゃんスタジアムなど2会場であった。小松は本塁打を2本放つなど強力な打線で昨夏の準優勝校・新田を降した。

 今治西伯方は二回以降毎回得点でコールド勝ち。松山東と今治東は接戦の末、勝ち名乗りを上げた。松山中央はリードを守りきって2回戦へ。19日は休養日のため試合がなく、20日に1回戦3試合がある。【遠藤龍】

この記事は有料記事です。

残り1045文字(全文1231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです