メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

大分大会 大分商が文理大付完封 杵築、大分工も8強に名乗り /大分

【杵築-別府翔青】九回表杵築2死二塁、萩原選手の適時打で生還する吉岩佑馬選手

 第101回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は18日、別大興産スタジアムで3回戦3試合があった。杵築が別府翔青を接戦の末5-4で降し、第1シードの日本文理大付は大分商に0-2で敗れた。第3シードの大分工は、中津南に3-0で勝利した。4試合目の情報科学-佐伯豊南は雨天のため試合途中でノーゲームとなり、19日に順延された。同日、この試合を含めた3回戦3試合がある。【河慧琳】

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです