メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

群馬大会 市太田、集中打で8強 前橋育英は猛追かわし /群馬

【桐生南-市太田】七回裏市太田2死二、三塁、梶塚が2点中前適時打を放ち、逆転する=上毛新聞敷島球場で

 第101回全国高校野球選手権群馬大会(県高野連など主催)は20日、上毛新聞敷島球場など2球場で3回戦4試合があった。前半のリードで逃げ切った前橋育英と七回に集中打を見せた市太田、終盤に得点を重ねた高崎商大付、コールド勝ちした関東学園大付が準々決勝に進出した。

 21日は2球場で3回戦の残り4試合があり、8強が出そろう。【妹尾直道】

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです