メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

佐賀大会 きょう準決勝、4強激突 鳥栖×東明館/神埼清明×佐賀北 /佐賀

強打を誇る鳥栖の中村主将

 第101回全国高校野球選手権佐賀大会は21日、佐賀市のみどりの森県営球場で準決勝があり、激戦を勝ち抜いてきた4校が激突する。午前10時からの第1試合では、2017年に準優勝した鳥栖と初のベスト4入りを果たした第5シードの東明館が対戦。午後0時半からの第2試合は、同じく初の準決勝進出となる神埼清明と、19日に降雨による再試合で伊万里農林に競り勝った佐賀北が戦う。【山口響】

 鳥栖は高校通算20本塁打の強打を誇る中村将希主将が不動の4番に座る。今大会ではまだ出ていない本塁打…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

  2. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  3. グレタさん「最大の脅威は行動を取らないこと」COP25演説全文

  4. サンマが黄色く変色…「メインおかず」抜きの給食に 草津の小学校

  5. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです