メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

群馬大会 前橋商、投手戦制す 桐生第一逃げ切る 8強出そろう /群馬

 第101回全国高校野球選手権群馬大会(県高野連など主催)は21日、上毛新聞敷島球場など2球場で3回戦4試合があった。小刻みに得点を重ねた桐生第一と、終盤に勝ち越した利根商、打線がつながった樹徳、投手戦を制した前橋商が勝ち上がり、8強が出そろった。

 22日は上毛新聞敷島球場で準々決勝2試合がある。【妹尾直道】

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 競馬GⅠ 菊花賞 ワールドプレミアV

  4. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  5. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです