メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

石川大会 星稜、大勝で8強 航空石川、小松大谷なども /石川

【金沢大付-星稜】四回裏星稜2死一塁、今井が2打席連続となる本塁打を左中間に放つ=金沢市の県立野球場で、井手千夏撮影

 第101回全国高校野球選手権石川大会(県高野連など主催)は21日、県立野球場などで3回戦4試合があり、石川大会連覇を目指す星稜は主戦の奥川恭伸投手(3年)が今大会初登板し、6者連続三振を奪うなど金沢大付打線を圧倒。12-0でコールド勝ちし、準々決勝進出を決めた。

 その他のシード校では春の県大会準優勝の日本航空石川が昨夏の石川大会4強の小松に辛勝。小松大谷は同4強の金沢商を寄せ付けず、遊学館も鹿西に大勝した。

 22日は3回戦残り4試合があり、8強が出そろう。【井手千夏、岩壁峻】

この記事は有料記事です。

残り913文字(全文1154文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです