メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

静岡大会 浜松商と常葉大橘、シード2校敗れる /静岡

【湖西-静岡商】二回裏静岡商2死満塁、勝間田の適時三塁打で3点を追加=静岡市駿河区の草薙球場で

 第101回全国高校野球選手権静岡大会(県高野連など主催)は23日、草薙球場(静岡市駿河区)など県内8球場で3回戦16試合があった。静岡が第1シードの浜松商にコールド勝ちし、4回戦に進出した。第3シードの常葉大橘は駿河総合に敗れた。4回戦8試合は24日に行われる。【大谷和佳子】

 ■青空

主軸担いチームまとめ 常葉大橘3年・佐野大陽主将

 最速147キロの直球を武器に県内屈指の好投手と評価される市川大晴投手(3年)の女房役を務める。五回…

この記事は有料記事です。

残り1054文字(全文1271文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです