メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

佐賀大会 あす決勝 鳥栖、2年ぶり 佐賀北、5年ぶり /佐賀

【鳥栖-東明館】延長十回表鳥栖2死三塁、村山航也選手の適時三塁打で木原悠一郎選手(左)が還り勝ち越し

鳥栖、延長勝ち越し 佐賀北、12安打の猛攻

 第101回全国高校野球選手権佐賀大会は23日、佐賀市のみどりの森県営球場で準決勝2試合があり、鳥栖は2年ぶり、佐賀北は5年ぶりの決勝進出を決めた。鳥栖は2回の逆転で東明館とのシーソーゲームを制し、佐賀北は計12安打の猛攻で神埼清明に快勝した。決勝は同球場で25日午前10時からの予定。鳥栖は2002年以来3度目、07年に全国制覇した佐賀北は14年以来、5度目となる夏の甲子園出場をかけて対戦する。【山口響、竹林静】

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1098文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィリピン、電子たばこ禁止へ ドゥテルテ大統領、公共の場での使用者逮捕命じる

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです