メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

新潟大会 日本文理、猛攻でV 県内の公式戦無敗 /新潟

優勝を決め、マウンドに集まる日本文理の選手たち=新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで

 第101回全国高校野球選手権新潟大会(県高野連など主催)は24日、新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで日本文理と東京学館新潟の決勝があり、昨秋と今春の覇者・日本文理が12-3で2年ぶり10回目の夏の甲子園出場を決めた。新チーム発足以降、県内公式戦無敗という圧倒的な実力を決勝の大舞台でも見せつけた。夏の甲子園は8月6日に開幕する。【露木陽介、北村秀徳】

 日本文理が16安打12得点の猛攻。「打の文理」を象徴する試合運びで、東京学館新潟を圧倒した。

この記事は有料記事です。

残り1853文字(全文2079文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 新潟女性殺害 複数箇所刺され失血死 「合唱部で活躍」同級生惜しむ

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです