メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

島根大会 準々決勝 開星、延長サヨナラ勝ち 出雲、猛攻で4強へ /島根

【浜田-開星】延長十回、サヨナラ勝ちに歓喜する開星の選手たち=松江市の市営野球場で、鈴木周撮影

 第101回全国高校野球選手権島根大会(県高野連など主催)は24日、松江市営野球場で準々決勝2試合があり、開星と出雲が準決勝へ進出した。開星は延長十回2死三塁、相手の捕逸の間に三塁走者が生還してサヨナラ勝ち。出雲は四回に9点を挙げるなどの猛攻で出雲工にコールド勝ちした。【鈴木周】

 ▽準々決勝

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文340文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水がなくてもポリ袋で簡単調理

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです