メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

徳島大会 富岡西、徳島商、城南が大勝 /徳島

【脇町-富岡西】五回裏富岡西1死満塁、前川が走者一掃の適時三塁打を放つ=徳島県鳴門市撫養町のオロナミンC球場で、岩本桜撮影

 第101回全国高校野球選手権徳島大会(県高野連、朝日新聞社主催)は24日、鳴門市のオロナミンC球場で2回戦4試合があった。富岡西が脇町に12-2、城西が阿南高専に7-4、徳島商がつるぎに17-2、城南が小松島西に15-2でそれぞれ勝利した。【岩本桜】

 ▽2回戦

脇町  20000=2

富岡西 30315=12

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1150文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  3. 堺市立小教諭、教え子の中1少女にキス 口止めも 強制わいせつ容疑で逮捕

  4. 日中合同追悼の集い 強制連行、悲劇訴える靴 6830人分、それぞれに命と家族 /東京

  5. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです