メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

徳島大会 富岡西、徳島商、城南が大勝 /徳島

【脇町-富岡西】五回裏富岡西1死満塁、前川が走者一掃の適時三塁打を放つ=徳島県鳴門市撫養町のオロナミンC球場で、岩本桜撮影

 第101回全国高校野球選手権徳島大会(県高野連、朝日新聞社主催)は24日、鳴門市のオロナミンC球場で2回戦4試合があった。富岡西が脇町に12-2、城西が阿南高専に7-4、徳島商がつるぎに17-2、城南が小松島西に15-2でそれぞれ勝利した。【岩本桜】

 ▽2回戦

脇町  20000=2

富岡西 30315=12

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1150文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです