メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大船渡・佐々木の登板回避 「勇気ある決断」「理解できない」 球界関係者も賛否

【花巻東-大船渡】決勝で敗れた大船渡の佐々木朗希(左から2人目)=岩手県営野球場で2019年7月25日、和田大典撮影

 第101回全国高校野球選手権岩手大会の決勝が25日、盛岡市で行われ、最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(3年)は登板せず、チームは2―12で花巻東に敗れた。24日の準決勝で完封するなど、今大会で計435球を投げた佐々木が登板回避したことに球界関係者からはさまざまな意見が上がった。

 高校野球では、投手の肩・肘の保護のため、球数制限の導入が議論されている。今秋のプロ野球ドラフト会議で1位指名候補の佐々木を決勝で起用しなかったことに、大船渡の国保陽平監督は「故障の予防。3年間で一番壊れる可能性が高いと思った」と説明した。

 DeNAのチームドクターの山崎哲也医師は「肘や肩の負担を考えれば、決勝も投げるのは危険。監督も甲子…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです