メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大船渡・佐々木の登板回避 「勇気ある決断」「理解できない」 球界関係者も賛否

【花巻東-大船渡】決勝で敗れた大船渡の佐々木朗希(左から2人目)=岩手県営野球場で2019年7月25日、和田大典撮影

 第101回全国高校野球選手権岩手大会の決勝が25日、盛岡市で行われ、最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(3年)は登板せず、チームは2―12で花巻東に敗れた。24日の準決勝で完封するなど、今大会で計435球を投げた佐々木が登板回避したことに球界関係者からはさまざまな意見が上がった。

 高校野球では、投手の肩・肘の保護のため、球数制限の導入が議論されている。今秋のプロ野球ドラフト会議で1位指名候補の佐々木を決勝で起用しなかったことに、大船渡の国保陽平監督は「故障の予防。3年間で一番壊れる可能性が高いと思った」と説明した。

 DeNAのチームドクターの山崎哲也医師は「肘や肩の負担を考えれば、決勝も投げるのは危険。監督も甲子園に行きたい中での勇気ある決断だ」と賛意を示す。一方、青森・三沢高時代の1969年夏の甲子園決勝で延長18回と翌日の再試合を一人で投げ抜いた太田幸司さんは「僕のような古い人間には理解できない」と言う。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

  3. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  4. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  5. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです