メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

宮城大会 東北コールド勝ち 仙台育英、東北学院榴ケ岡 零封で4強 /宮城

【仙台育英-仙台】三回表仙台育英無死、入江大樹のソロ本塁打で先制=仙台市民球場で

 第101回全国高校野球選手権宮城大会(県高野連など主催)は25日、仙台市民、石巻市民の両球場で準々決勝4試合があり、ベスト4が出そろった。

 仙台市民では、仙台育英が仙台に3-0で零封勝ちを収め、東北が仙台南に10-2でコールド勝ちを収めた。石巻市民では、東北学院榴ケ岡が聖和学園に5-0で零封勝利し、柴田が東北生文大に4-1で快勝した。

 準決勝は27日(雨天順延)、楽天生命パーク宮城で、仙台育英-東北学院榴ケ岡(午前9時開始)、柴田-…

この記事は有料記事です。

残り966文字(全文1185文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  2. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  3. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

  4. 「非武装中立論」石橋政嗣・元社会党委員長死去 95歳 中曽根元首相らと論戦

  5. FC岐阜降格で再建計画求める 県議会で知事 /岐阜

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです