メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GSOMIAを継続 韓国が日本に伝達
第101回全国高校野球

出場壮行会 日本文理、健闘に拍手 主将「ここからが勝負」 /新潟

生徒約400人の拍手で退場する日本文理の選手たち=新潟市西区新通の日本文理高校で

 第101回全国高校野球選手権新潟大会(県高野連など主催)で2年ぶり10回目の優勝を果たした日本文理の甲子園出場壮行会が25日、新潟市西区新通の同校体育館であった。熱戦から一夜明け、夏休み中にもかかわらず生徒約400人が集まり、健闘を大きな拍手でたたえた。

 壮行会にはベンチ入りした野球部員と3年生部員の計28人が壇上に立った。鈴木崇監督は「多くの生徒の皆さんに生の甲子園を味わってほしい。校歌を何回も歌えるよう頑張りたい」とあいさつ。上野順治校長が「多くの人が応援してくれている。感謝の気持ちを絶対に忘れないで甲子園でもプレーして…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 新潟・女児殺害 被告に死刑求刑 新潟地裁

  4. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです