メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

地方大会 花巻東、霞ケ浦、習志野、敦賀気比、佐賀北、熊本工が出場

ベンチで試合を見守る佐々木=岩手県営野球場で2019年7月25日、和田大典撮影

 (25日)

岩手・花巻東/茨城・霞ケ浦/千葉・習志野/福井・敦賀気比/佐賀・佐賀北/熊本・熊本工

 6大会で決勝があった。岩手は花巻東が大船渡に圧勝し、2年連続10回目の出場を決めた。大船渡の最速163キロの右腕・佐々木は登板しなかった。千葉は今春センバツ準優勝の習志野が8年ぶり9回目、福井は敦賀気比が2年連続9回目の出場。茨城で霞ケ浦が4年ぶり2回目の出場を果たしたほか、佐賀北が5年ぶり5回目、熊本工が6年ぶり21回目の出場を決めた。一方、3季連続で4年連続の出場を目指した横浜は神奈川大会準々決勝で敗退。昨夏の甲子園4強の済美も愛媛大会3回戦で姿を消した。昨夏代表校では愛産大三河(愛知)、創成館(長崎)も敗退した。

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  4. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

  5. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです