メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

日本文理、甲子園に向け始動 優勝後初、本格練習 /新潟

フリー打撃に取り組む日本文理の選手たち=新潟市西区新通の日本文理高校グラウンドで

 夏の甲子園出場を控えた日本文理ナインは26日、新潟大会優勝後、初めての本格的な練習を行った。

 練習は午前8時半に始まった。ウオーミングアップ、キャッチボールの後、20分ほどシートノックで守備の連係を確認し、その後は1時間みっちりとフリー打撃で打ち込んで汗を流した。バットを体の近いところから出して逆方向への強い打球を放つなど、実戦…

この記事は有料記事です。

残り250文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  5. 社説 「桜を見る会」首相答弁 予算委での説明が不可欠

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです