メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

和歌山大会 南部、市和歌山破る 智弁和歌山快勝 4強出そろう /和歌山

【智弁和歌山-神島】三回表智弁和歌山1死二塁、黒川が左中間に適時二塁打を放ち、先制=和歌山市毛見の県営紀三井寺球場で、砂押健太撮影

 第101回全国高校野球選手権和歌山大会(県高野連など主催)は第14日の26日、和歌山市の県営紀三井寺球場で準々決勝の残りの2試合が行われた。南部はセンバツベスト8の市和歌山を破る金星を挙げ、6年ぶりに準決勝に進出した。智弁和歌山は神島に快勝し、順当に勝ち上がった。28日の準決勝は抽選の結果、南部-智弁和歌山、那賀-熊野の組み合わせとなった。【砂押健太】

この記事は有料記事です。

残り797文字(全文975文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  5. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです