メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

長崎大会 準決勝 鎮西学院と海星が勝利 夢舞台へきょう決勝戦 /長崎

【海星-長崎日大】延長十三回表海星1死二、三塁、決勝点となる右前適時打を放ち、一塁へ走る坂本主将

 第101回全国高校野球選手権長崎大会は27日、長崎市の県営野球場で準決勝2試合があった。鎮西学院は三回に逆転、その後は長崎商に得点を許さず逃げ切った。海星はタイブレークの末に長崎日大に競り勝った。甲子園初出場が懸かる鎮西学院と、5年ぶり18回目の出場を目指す海星の決勝戦は28日午後1時5分、同球場で試合開始。【中山敦貴】

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 「ダンス オブ ヴァンパイア」公演チケット 不正に大量購入の被害

  3. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです