メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

東東京大会 関東一、3年ぶり夏の甲子園

3年ぶりの甲子園出場を決め、マウンドに駆け寄って喜ぶ関東一の選手たち=神宮球場で、滝川大貴撮影

 第101回全国高校野球選手権大会の東東京大会(東京都高野連など主催)は27日、神宮球場(東京都新宿区)で決勝があり、関東一が小山台を4-0で破って3年ぶり8回目の夏の甲子園出場を決めた。

 関東一は春夏通じて14回目の甲子園出場となる。主将の渋谷嘉人(よしと)(3年)は「甲子園はずっと憧れていた舞台…

この記事は有料記事です。

残り94文字(全文244文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです