メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉は花咲徳栄が5年連続7回目 2年ぶり2度目の全国制覇を目指す

甲子園出場を決め、マウンドに駆け寄る花咲徳栄の選手たち=県営大宮公園野球場で2019年7月28日、橋本政明撮影

 第101回全国高校野球選手権大会の埼玉大会(埼玉県高野連など主催)は28日、さいたま市大宮区の県営大宮公園野球場で決勝があり、花咲徳栄が11―2で山村学園を降して5年連続7回目の夏の甲子園出場を決めた。5年連続出場は埼玉県勢では初めて。花咲徳栄は2年ぶり2度目の全国制覇を目指す。

 花咲徳栄は一回、打者一巡の猛攻で6点を…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文301文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 首相が「桜」と「日本で最も高いと言われるおすし屋さん」の関係にこだわる理由

  4. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです