メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高知は明徳義塾 2年ぶり20回目 中学史上最速の高知・森木、つかまる

【明徳義塾-高知】一回表明徳義塾2死三塁、暴投の間に古沢が生還し先制=高知市の高知県立春野球場で2019年7月28日午後1時9分、北村栞撮影

 第101回全国高校野球選手権高知大会は28日、高知市の高知県立春野球場で決勝があり、明徳義塾が4―1で高知を降して優勝。2年ぶり20回目の夏の甲子園出場を決めた。

 明徳は初回に暴投で先制すると、三回は一死満塁からスクイズで3点目。試合巧者ぶりを見せつけた。中学史上最速とされる球速150キロを記録した高知の森木大智投手(1年)も三回からマウンド…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 「次の首相」石破氏が19%で首位 岸田氏3%、小泉氏6% 毎日新聞世論調査

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです