メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

島根大会 石見智翠館、激闘制しV 開星、延長十三回力尽きる /島根

逆転サヨナラ勝ちで甲子園出場を決め、歓喜する石見智翠館の選手たち=松江市の市営野球場で、鈴木周撮影

 第101回全国高校野球選手権島根大会(県高野連など主催)は28日、松江市営野球場で決勝があり、石見智翠館が開星を8-7の逆転サヨナラで破り、4年ぶり10回目の夏の甲子園出場を決めた。石見智翠館は2点を勝ち越された延長十三回裏、伊藤の適時打などで追い付き、2死満塁からの押し出しで激闘に幕を引いた。全国大会は8月3日に組み合わせ抽選会があり、6日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する。【鈴木周】

 石見智翠館が劇的な逆転サヨナラ勝ち。九回に3点差を追い付かれて延長に入り、十三回に本塁打を浴びて2…

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1119文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. クマに襲われ男性2人重傷 猟友会員らがクマ射殺 新潟・魚沼

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. ネカフェ生活6年の男性に重い2% また路上生活か…とかすむ夢

  5. 渓流釣り中 クマ襲撃、空手高段者 目つぶしで撃退 群馬

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです