メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

香川大会 高松商、サヨナラで夢切符 23年ぶり20回目 /香川

サヨナラ勝ちで優勝を決めて喜ぶ高松商の選手ら=高松市生島町のレクザムスタジアムで、潟見雄大撮影

 第101回全国高校野球選手権香川大会(県高野連など主催)は28日、高松市生島町のレクザムスタジアムで決勝があり、高松商が23年ぶり20回目の夏の甲子園出場を決めた。試合は両校エースの投手戦となり、終盤までもつれる接戦となったが、高松商がサヨナラ勝ちで制した。英明は8年ぶりの夏の甲子園出場を逃した。高松商は今春のセンバツにも出場しており、県勢の春夏連続出場は2002年の尽誠学園以来17年ぶり。全国大会は8月6日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。【山口桂子、潟見雄大】

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1137文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  3. 「小泉政権の政府見解と矛盾」との指摘にどう答えたか 誕生日だった菅氏一問一答

  4. 稲田朋美議員の秘書、政治資金で駐車違反の交通反則金

  5. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです