メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

西東京大会 国学院久我山、28年ぶりV

甲子園出場を決め、マウンドに駆け寄って喜ぶ国学院久我山の選手たち=神宮球場で2019年7月28日、滝川大貴撮影

 第101回全国高校野球選手権大会の西東京大会(東京都高校野球連盟など主催)は28日、新宿区の神宮球場で決勝があり、国学院久我山が創価を4-2で降して28年ぶり3回目の甲子園出場を決めた。

 国学院久我山は一回に宮崎の右前適時打で先制。その後同点に追いつかれたが、九回に岡田の中前適時打で勝ち越した。先…

この記事は有料記事です。

残り78文字(全文228文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  3. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

  4. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  5. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです