メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中京学院大中京が3年ぶり7回目 岐阜大会

甲子園出場を決めた中京学院大中京ナインら=岐阜市の長良川球場で2019年7月29日午後0時53分、沼田亮撮影

[PR]

 第101回全国高校野球選手権岐阜大会は29日、岐阜市の長良川球場で決勝があり、中京学院大中京が大垣日大を8―6で降し、3年ぶり7回目の甲子園出場を決めた。【横田伸治】

強力打線と鉄壁の投手陣 橋本監督「頂点を狙う」

 中京学院大中京は強力打線と鉄壁の投手陣で、準決勝まで全て無失点でコールド勝ち。この日は先制を許したが、14安打8得点で夏の甲子園出場を決めた。2点を追う七回1死満塁、小田の適時二塁打で追いつくと、井上の中前適時打で勝ち越した。井上は「甲子園を決められてよかった」と笑顔。橋本監督は「岐阜の代表として頂点を狙う」と意気込んだ。

中京学院大中京(岐阜)

 1963年創立の私立校。2017年に「中京」から現校名に。甲子園は春夏通算11回出場、75年夏に8強。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです