メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

岐阜大会 中京院中京、甲子園だ 大垣日大、3連覇ならず 両監督、主将の話 /岐阜

打線食らいついた 中京学院大中京・橋本哲也監督

 うちは打順に関係なくつながる打線。不後が先発で試合を作ってくれた。終盤も諦めることなく打線が食らいついてくれた。もう一度鍛え直し、68校の代表として頂点を狙う。

報われて夢のよう 中京学院大中京・藤田健斗主将

 甲子園に手が届き、夢のようだ。やっと報われた。この大会にかける思いはどこより…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  3. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  4. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです