メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

愛媛大会 宇和島東、9年ぶりV 「牛鬼打線」本領発揮 /愛媛

優勝し喜ぶ宇和島東ナイン=松山市市坪西町の坊っちゃんスタジアムで、中川祐一撮影

 第101回全国高校野球選手権愛媛大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は30日、松山市の坊っちゃんスタジアムで決勝があり、宇和島東が今春センバツに出場した松山聖陵を7-3で降して9年ぶり9回目の夏の甲子園出場を決めた。宇和島東は1988年のセンバツで初出場・初優勝を果たした古豪で、平成初に続き、令和初の夏の甲子園切符を獲得した。【遠藤龍、中川祐一】

この記事は有料記事です。

残り1026文字(全文1202文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです