メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

地方大会 鳴門・徳島、宇和島東・愛媛 49代表、いざ甲子園

 (30日)

 第101回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の地方大会は30日、2大会で決勝があり、全49代表が出そろった。徳島は鳴門が2年連続13回目、愛媛は宇和島東が9年ぶり9回目の出場をそれぞれ決めた。今春センバツ出場の富岡西(徳島)と松山聖陵(愛媛)は敗退。全国大会は8月6日に開幕し、準々決勝翌日と準決勝翌日の休養日2日間を含む16日間、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催される。組み合わせ抽選会は同3日午後4時に大阪市北区のフェスティバルホールで行われる。

この記事は有料記事です。

残り2337文字(全文2602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、荏原病院院長「万全期し対応 ご安心ください」 帰国の4人受け入れ

  2. 新型肺炎 感染者と一緒に行動の中国人団体、成田・関空便に搭乗自粛し帰国

  3. 新型肺炎、中国の感染者がSARS上回る5974人 世界で6000人超に

  4. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  5. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです