メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

地方大会 鳴門・徳島、宇和島東・愛媛 49代表、いざ甲子園

 (30日)

 第101回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の地方大会は30日、2大会で決勝があり、全49代表が出そろった。徳島は鳴門が2年連続13回目、愛媛は宇和島東が9年ぶり9回目の出場をそれぞれ決めた。今春センバツ出場の富岡西(徳島)と松山聖陵(愛媛)は敗退。全国大会は8月6日に開幕し、準々決勝翌日と準決勝翌日の休養日2日間を含む16日間、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催される。組み合わせ抽選会は同3日午後4時に大阪市北区のフェスティバルホールで行われる。

この記事は有料記事です。

残り2337文字(全文2602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  2. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  5. 「センスある会食を」 特産和紙の扇子で飛沫防ぐ 福井・越前市が配布

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです