メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

石見智翠館選手ら士気高く 勝利目指し、練習再開 /島根

ランニングで汗を流す石見智翠館の選手たち=島根県江津市渡津町の同校で、鈴木周撮影

 第101回全国高校野球選手権島根大会(県高野連など主催)で優勝した石見智翠館が31日、江津市渡津町の同校で練習を再開し、約3時間汗を流した。

 選手たちは次の塁を狙った走塁練習やキャッチボールで体をほぐした後、末光章朗監督のノックを受け、併殺や中継プレーの連係を確認。バッティングマシンを使った打撃練習では、外野へ鋭い打球を飛ばした。「ナイスバッティング」の大声が飛び交い、あこがれの甲子園に向けて士気を高めた。

 末光監督は「特別なことをするよりいつも通りの練習をしながら初戦に向け調整したい」と話し、東田大輝副…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです