メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
捲土重来

2019夏・星稜/上 重圧くぐり抜け、選手に自信 控え活躍、戦力底上げ /石川

打撃練習をする星稜ナイン。石川大会では湿りがちだった打撃陣の復調が甲子園での勝敗のカギを握る=金沢市御所町の同校グラウンドで、井手千夏撮影

 6日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕する第101回全国高校野球選手権には、県代表として2年連続20回目となる星稜が出場する。県勢初となる全国制覇を目指すチームの戦力や大会にかける思いを紹介する。

 「相手も星稜を倒すためにいろんな対策をしてきた。本当に厳しい大変な夏だった」

 甲子園出場決定から一夜明けた7月29日、主戦・奥川恭伸投手(3年)は石川大会の戦いを振り返った。1点差で辛勝した準々決勝、延長十回で競り勝った準決勝に続き、小松大谷との決勝も八回に奥川投手が本塁打を打たれ、追いつかれる展開に。「甲子園には簡単にはいけない。この後何か起こるかもしれない」(内山壮真選手=2年)。全5試合無失点で優勝した昨年とは打って変わって、苦しみの末につかんだ代表の椅子だった。

 150キロを超える直球を持ち、プロが注目する奥川投手を擁するチームは昨夏の甲子園と春のセンバツでは…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文1049文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです