メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

響く快音、2年目の余裕 明石商が甲子園練習 /兵庫

グラウンドに駆け出す明石商の選手たち=阪神甲子園球場で、平川義之撮影

 6日開幕の夏の甲子園に出場する明石商が1日、西宮市の阪神甲子園球場での練習に臨んだ。ナインは「おおーっ」と掛け声を合図に、憧れの舞台へ飛び出した。

 選手たちはノックを受け、守備や送球を練習。マウンドに立っての投球や走塁をしながら、土の感触を確かめた。打撃練習では快音を響かせ、打球を次々に外野へ運ん…

この記事は有料記事です。

残り152文字(全文302文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです