メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

捲土重来

2019夏・星稜/下 甲子園での苦杯、糧に成長 意見交わし深まる絆 /石川

石川大会準決勝の鵬学園戦でマウンドに集まる星稜の選手。選手同士で話し合う場面が増えた=金沢市の県立野球場で、井手千夏撮影

 どんな優勝候補も一回負けたら、そこで終わり--。全国制覇を狙える戦力を持つといわれながら、星稜は18年春から連続3回、甲子園で苦杯をなめてきた。その全てに出場した山瀬慎之助主将(3年)が肝に銘じるのが確実に「1勝」を積み重ねる難しさだ。

 今春の選抜高校野球は2回戦で習志野(千葉)に1-3で敗れた。勝てる相手だと感じていたが、習志野投手陣に打線が沈黙。相手の大応援団の声援に押されるように、「(選手を鼓舞する)ベンチからの声も聞こえづらかった」(山下智将部長)。不完全燃焼の悔しさが残った。

 「チームが一つになりきれていない」。試合や練習後のミーティングで、3年生を中心に会話が進み、下級生からの声が上がりにくいと感じていた山瀬主将はセンバツ後、ミーティングの方法を変えた。約80人の部員全員で集まって行っていたのを、約15人の少人数グループに。学年の壁を超えてさまざまな意見が飛び出すようになった。

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文1076文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  4. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

  5. 熱血!与良政談 もう一つの負の遺産=与良正男

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです