メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

組み合わせ 前橋育英VS国学院久我山 第3日第3試合 主将「粘り強く戦う」 /群馬

健闘を誓う前橋育英の丸山大河主将(左)と国学院久我山の中沢直之主将=大阪市北区のフェスティバルホールで、小出洋平撮影

 6日に開幕する第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市北区のフェスティバルホールであり、前橋育英は1回戦で国学院久我山(西東京)と対戦することが決まった。大会第3日第3試合(8日午後1時開始)の予定。

 抽選会には全国49代表校の選手、監督らが出席。各校の主将が抽選札を引いた。抽選会後、丸山大河主将(3年)は国学院久我山の中沢直之主将(3…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  2. 「世界で最もパワフルな女性」独メルケル首相、グレタさんは100位 米誌

  3. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  4. 「世界に風穴を開けるのは発達障害」 自身もアスペルガーのカウンセラー「グレタ現象」を語る

  5. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです