メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

組み合わせ抽選 高岡商、初戦は石見智翠館 開幕日第3試合で /富山

健闘を誓う高岡商の森田朝陽主将(左)と石見智翠館の関山愛瑠斗主将=大阪市北区のフェスティバルホールで、小出洋平撮影

 6日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する第101回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)の組み合わせ抽選会が3日、大阪市北区のフェスティバルホールであった。富山代表の高岡商は大会第1日の第3試合(6日午後3時半開始予定)で島根代表の石見智翠館と対戦することが決まった。

 抽選会には47都道府県から49代表(北海道は南北、東京都は東西から1校ずつ)の選手や監督らが参加した。

 高岡商の森田朝陽主将(3年)が抽選札を引き石見智翠館との対戦が決まると、会場で見守ったチームメート…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです