メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

組み合わせ抽選 立命館宇治、初戦は秋田中央 第2日第4試合 /京都

健闘を誓う立命館宇治の吉村仁主将(右)と秋田中央の熊谷郁哉主将=大阪市北区のフェスティバルホールで、小松雄介撮影

 第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市北区のフェスティバルホールであり、京都代表の立命館宇治は大会第2日の第4試合(7日午後3時半開始予定)で、秋田代表の秋田中央と対戦することが決まった。

 抽選会には各地方大会を勝ち上がってきた49校の選手や監督らが出席。11番目に抽選札を引いた立命館宇治の吉村仁主将(3年)は「独特の雰囲気で緊張したが、楽しかっ…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

  2. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  3. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  4. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  5. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです