メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

米子東VS智弁和歌山 組み合わせ決まる 大会第3日第1試合 /鳥取

健闘を誓う米子東の福島康太主将(左)と智弁和歌山の黒川史陽主将=大阪市北区のフェスティバルホールで、小出洋平撮影

 第101回全国高校野球選手権大会(6日開幕)の組み合わせ抽選会が3日、大阪市北区のフェスティバルホールであった。28年ぶり14回目の夏の甲子園出場となる鳥取代表の米子東は、大会第3日の第1試合(8日午前8時予定)で和歌山代表の智弁和歌山と対戦することが決まり、選手たちは本番に向けて気持ちを新たにした。

 抽選会は午後4時に始まり、地方大会を勝ち上がった47都道府県計49校の選手、監督らが出席。米子東は…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです