メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏の高校野球

甲子園 富島、初戦は福井・敦賀気比 大会第3日第4試合 /宮崎

富島の松浦佑星主将(右)と敦賀気比の上間洸太主将

 6日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する第101回全国高校野球選手権大会(日本高野連など主催)の組み合わせ抽選が3日、大阪市北区のフェスティバルホールであり、宮崎、熊本、鹿児島の代表校の対戦相手が決まった。

 宮崎代表の富島は大会第3日の第4試合で敦賀気比(福井)と、熊本代表の熊本工は第5日第2試合で山梨学院(山梨)と、鹿児島代表の神村学園は第1日の第2試合で佐賀北(佐賀)と対戦する。

 富島の松浦佑星主将(3年)は堂々と抽選札を引いて敦賀気比との対戦が決まると、その場で見守ったチームメイトたちは初戦に向けて表情を引き締めた。両チームの主将はがっちりと握手を交わし、互いの健闘を誓い合った。【隈元悠太、栗栖由喜】

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです