メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

組み合わせ抽選 101回目、夏の輝き

対戦相手が次々と決まっていった組み合わせ抽選会=大阪市北区のフェスティバルホールで2019年8月3日、小出洋平撮影

 大阪市北区のフェスティバルホールで3日行われた第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会で、好カードが次々決まった。第6日第2試合で春夏各2回優勝の東海大相模(神奈川)が前回大会8強の近江(滋賀)と激突。同第4試合では前々回大会優勝の花咲徳栄(埼玉)が今春センバツ4強の明石商(兵庫)とぶつかる。

 大会屈指の本格派右腕・奥川を擁する星稜(石川)は第2日第3試合で2年連続出場の旭川大高(北北海道)と対戦。今春センバツ準優勝で夏2回優勝の習志野(千葉)は第4日第3試合でセンバツ優勝2回の沖縄尚学と顔を合わせる。春夏を通じて初出場の飯山(長野)は、同第2試合で夏2回準優勝の仙台育英(宮城)と戦う。

この記事は有料記事です。

残り2087文字(全文2391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです