メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

あす開幕 V争い、東海大相模が軸 星稜・奥川ら投手力充実

 (20、21面に選手名鑑)

 第101回全国高校野球選手権大会は6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で49校が出場して開幕する。全国3730校の頂点に立つのはどこか、大会を展望した。

 優勝争いは東海大相模(神奈川)、花咲徳栄(埼玉)、智弁和歌山、星稜(石川)が軸になりそう。東海大相模は強打と機動力が持ち味で、神奈川大会7試合で83得点と破壊力がある。投手陣は大黒柱不在ながら右腕・紫藤や左腕・野口ら駒がそろう。近江(滋賀)との初戦で、大会屈指の左腕・林を攻略できれば、勢いに乗れそうだ。

 前々回優勝の花咲徳栄は今春センバツ4強の明石商(兵庫)との初戦が鍵。投手力は例年より落ちるだけに、…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  2. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです