メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第101回全国高校野球

石見智翠館、執念実らず 監督、主将の話 /島根

粘り強さを発揮 石見智翠館・末光章朗監督

 延長十回は結果として打たれたが、左打者が多いので左腕の名田で抑えられると判断した。島根大会のように逆転とまではいかなかったが、土壇場で粘り強さを発揮できて最高の野球だった。

皆にありがとう 石見智翠館・関山愛瑠斗主将

 負けた後は悔しくて涙も出たが、最後まで楽し…

この記事は有料記事です。

残り66文字(全文216文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです